※1 出典元:東神開発株式会社HP

「タカシマヤフードメゾン」を始め、ファッションや飲食店など約150店舗が出店する「流山おおたかの森S・C」に加えて、
数多くの商業施設が点在する「流山おおたかの森」駅周辺。この洗練の街並が、新たな日々の舞台です。

「流山おおたかの森S・C」を手掛けるのは、「玉川髙島屋S・C」を中心に二子玉川の発展に寄与してきた企業・東神開発株式会社※。ここ流山おおたかの森の開発にも、そのDNAが受け継がれています。

※出典元:東神開発株式会社HP

※掲載の写真は平成27年8月に撮影したものです。
※掲載の徒歩分数は現地からの距離を1分80mで概算したものです。

現地は4方全てが道路に面しており、そのため建物に隣接することはありません。これも計画的に区割りされている、この街だからこそ得られる魅力のひとつと言えるでしょう。さらに敷地内に、建物を設けない空地スペースをゆったりと確保することで、この場所ならではの日当たりや風通し、開放感が、さらに高まるよう配慮しています。

現地南面に広がる街並は、第1種低層住居専用地域に指定。良好な住環境を守るために、建物の高さや用途などが厳しく制限されています。そのため今後も眺望を遮るような高層ビルなどが建つ可能性は非常に低く、加えて現地は大通りに面していないので、将来的にも、一定の開放感や静けさが期待できます。

低層住居の良好な環境を守るための地域。建物の高さが10mまたは12m以下に制限される他、建ぺい率や容積率も低く設定されています。また建物の用途も、住宅の他、保育所や小中学校、小規模な公共施設などに限られます。

「市野谷の森(おおたかの森)」は、街のシンボルとして駅名の由来にもなった由緒ある森。本プロジェクトは、そこに隣接する初の集合住宅として誕生します。面積240,000㎡超もの森が眼前に広がる環境は、なかなか得られるものではありません。さらに森は今後、公園として整備される予定。この開放感は、これからも保たれていくことでしょう。
※出典元:流山市HP、千葉県HP


環境省のレッドリストにおいて絶滅危惧種に指定された植物「キンラン」の他、野ウサギや野鳥なども生息しています。都心ではなかなか見ることのできない動植物に、散歩の途中でめぐり逢う。そんな贅沢な暮らしが、ここにはあります。

本プロジェクトは「市野谷の森(おおたかの森)」に隣接する、初の集合住宅です。森では今、240,000m²超の敷地を3つの公園として整備する計画が進行中。その内中央部に広がるエリアは県立公園となる予定で、多彩な生き物が暮らす樹林地を保護するための都市公園(都市林)として、千葉県による事業が進められています。
【出典元】流山市HP、千葉県HP

※掲載の眺望写真は現地14階相当から撮影(平成27年4月)したものを合成・加工したもので実際とは異なります。また、今後周辺環境の変化に伴い、現在の眺望、景観は将来にわたって保証されるものではありません。
※掲載の完成予想CG及び立地概念図イメージイラストは計画図面を基に描いたもので実際とは形状・色等が異なります。細部・設備機器・配管類等は実際とは異なります。また、雨樋、エアコン室外機、給気口、避難ハッチ、アンテナ、桝、電柱、照明等、一部再現されていない設備機器がございます。植栽は特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。また、今後周辺環境の変化に伴い、現在の眺望・景観は将来にわたって保証されるものではありません。
※掲載の動植物写真はすべてイメージ写真です。


20年以上をかけた一大事業によって発展を続ける「流山おおたかの森」駅周辺。その中でも現地が位置する駅西口エリアは、駅前の商業利便と「市野谷の森(おおたかの森)」を始めとする豊かな自然が調和した、良好な住環境を有しています。さらに本プロジェクトは、市内初の小中併設校「おおたかの森小・中学校」学区内であり、「市野谷の森(おおたかの森)」に隣接している初めての大規模集合住宅として誕生。住環境、利便、教育環境。その全てが揃った新街区です。

※出典元:流山市HP

本プロジェクトが誕生するのは「流山おおたかの森」駅西口。「おおたかの森小・中学校」の開校を皮切りに、さらなる発展が期待できる街の新街区です。

※掲載の市街化概念図は、事業計画変更(第9回)認可時点(平成29年2月1日)のものです。今後変更になる場合があります。
※掲載の市街化概念図は、宅地の利用を特定しているものではありません。

つくばエクスプレス「流山おおたかの森」駅には、快速を含めた全列車が停車します。
加えて「柏」駅へ伸びる、東武アーバンパークラインも利用可能です。

※「秋葉原」駅・日中平常時24分:つくばエクスプレス(快速)利用・通勤時27分:つくばエクスプレス(通快)利用。
※「大手町」駅・日中平常時29分:つくばエクスプレス(快速)利用、「北千住」駅より東京メトロ千代田線に乗換・通勤時34分:つくばエクスプレス(通快)利用、「北千住」駅より東京メトロ千代田線に乗換。
※「東京」駅・日中平常時27分:つくばエクスプレス(快速)利用、「秋葉原」駅よりJR京浜東北線に乗換・通勤時32分:つくばエクスプレス(通快)利用、「秋葉原」駅よりJR京浜東北線に乗換。
※「新宿」駅・日中平常時36分:つくばエクスプレス(快速)利用、「秋葉原」駅よりJR総武線(各停)に乗換、「御茶ノ水」駅よりJR中央線(快速)に乗換・通勤時41分:つくばエクスプレス(通快)利用、「秋葉原」駅よりJR総武線(各停)に乗換、「御茶ノ水」駅よりJR中央線(快速)に乗換。
※掲載の電車所要時間は日中平常時および通勤時(2015年4月現在)のものです。ダイヤ改正等により変更になる場合がございます。乗り換え、待ち時間等は含まれておりません。また時間帯により異なります。

※掲載の立地概念図は現在周辺の航空写真(平成27年1月撮影)を基に描き起こしたものにCG加工・合成したもので、実際とはサイズ・位置関係等は多少異なります。
※掲載の完成予想CGは計画図面を基に描いたもので実際とは形状・色等が異なります。細部・設備機器・配管類等は実際とは異なります。また、雨樋、エアコン室外機、給気口、避難ハッチ、アンテナ、桝、電柱、照明等、一部再現されていない設備機器がございます。植栽は特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。

PAGE TOP

モデルルーム家具付販売
今週のおすすめプラン
緑彩を望む
インフォメーション
「ルフォン流山おおたかの森」竣工フォトギャラリー
購入者voice
ゴールデンウィーク 来場&成約ダブルキャンペーン

contents

concept
premium place
nagareyama city
location
access
design
equipment
modelroom
room plan