ルフォン北綾瀬シエルフォート

NEW KITAAYASE
—北綾瀬4つの魅力—

現地周辺写真
左画像・右下画像:※1、右上画像:※2

【1】始発になった「北綾瀬」、さらに便利な街へ


【2】北綾瀬のまちづくり


まちづくりのテーマを「北綾瀬周辺の活性化」とし、「北綾瀬周辺の交通環境の整備とバス路線の誘致」「駅前にふさわしい賑わいの誘導」「子育て世代を意識したハード・ソフト基盤の充実」の3つの視点で、エリアデザインを組み立てています。

【3】足立区は、区立公園面積と児童遊園面積の合計が23区内第1位。


水と緑豊かな園内に約8,100株のハナショウブが咲き誇る「しょうぶ沼公園」。大小の公園や、中川など水辺のスポットが点在。自然とふれあるひとときが毎日に活力を与えてくれます。

しょうぶ沼公園[約760m・徒歩10分]
稗田公園[約150m・徒歩2分]
大谷田公園[約150m・徒歩2分]
この地で新しい暮らしをスタートする方が増えています。

足立区では、区外から転入してくる方も多く、年々人口が増加しています。合計特殊出生率は都平均1.15人に対し、足立区は1.37人。若い世代やお子様もたくさん住む街です。
※足立区「数字で見る足立区」平成30年

【4】「足立区待機児童解消アクション・プラン」を積極的に促進。


2020年4月までに待機児童をゼロに!
足立区待機児童解消アクション・プラン

足立区が積極的に進めている「足立区待機児童解消アクション・プラン」は、2018年4月1日時点での待機児童数等の状況に基づき、施設整備計画の見直しを行うとともに、新たに認証保育所整備の促進策など、施設整備をより確実に実現するための取り組みを実施しています。また、幼稚園の預かり保育への支援、小規模保育・家庭的保育の卒園後の預け先の確保などの取り組みも行い、認可保育所以外の多様な保育サービスの拡充と利用促進を図り、2020年4月までの待機児童解消の実現を目指しています。

2020年度までに
保育施設を徹底整備

足立区は2020年度までに認可保育所の開設を30近く予定しています。「ルフォン北綾瀬 シエルフォート」の徒歩圏内にも新しい保育施設が誕生予定。子育て支援の活動がますます充実しています。※2019年度~2020年度における開設計画で変更になる場合があります。

2020年4月北綾瀬・東和地域で
1箇所の認可許可保育所の開園予定。

(仮称)ソラストあだち東和保育園
開設予定日:2020年4月1日
予定定員:63名

子育て支援が充実する足立区

児童手当

出産から中学3年生までのお子さまを養育している保護者を対象に手当を支給しています。

子ども医療費助成制度

中学生までのお子さまの医療費の内保険診療の自己負担分を助成しています。

幼稚園補助金

保育料の補助金を支給しています。

日本一おいしい給食

「日本一おいしい給食」を掲げる各小中学校の取組みはレシピ本が発行されるほど。「東渕江小学校」では毎月の献立に食材の原産地まで紹介しています。

image
公的施設の充実が物語る
「暮らしやすさ」への取組み。
大学区内5校も活性化の要因。

子育てに力を入れる足立区は、小学校数をはじめ教育施設や子どもの「居場所づくり」への取組みに積極的。大学キャンパスの新しい移転等も相次ぎ、現在では5校のキャンパスが区内に。若い人々の姿が街に活気を与え、暮らしやすさへの印象はより高まっています。

※平成29年度、東京都福祉保険局
 平成29年度、足立区HPより
※平成28年度、東京都総務局
※平成30年度、東京都総務局
※平成30年度、東京都立図書館
東和住区センター(児童館・学童保育室)

児童館・学童保育室があり、幼児から利用することができます。
■児童館:午前10時から午後6時まで
(土曜日、春休み、夏休み、冬休みは午前9時開館)

学童保育室

保護者が就労・病気などにより昼間家庭にいないお子さんをお預かりするところです。対象となるのは区内に在住または在学する小学1年生から6年生です。学童保育室は、民間を含め足立区内には114室あります。

※1:現地周辺写真
※2:image
※imageの表記のある写真は全てイメージです。
※徒歩分数表示については80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。
※掲載の地図は略図のため、省略されている道路等があります。
※掲載の写真は2018年11月・2019年6月に撮影したものです。
※掲載の情報は2019年7月現在のものです。