LEFOND THE TOWER ルフォン ザ・タワー大塚

JR「大塚」駅(徒歩4分/約260m)

Otsuka

「大塚」―新たな輝きを放つ
山手線ブランドエリア。

大塚は、山手線沿線という都心力の高いポジションであるとともに、歩くほどに、過ごすほどに、愉しみや発見に出逢える街。
歴史やトレンド、情緒ある街並み、新たな賑わいの拠点など、多様な魅力が響き合い新しさと懐かしさが共存する味わい深さに、大手ホテル企業なども注目。
山手線沿線の中でもひと際個性が輝くエリアとして、進化を続けています。

航空写真(2020年8月撮影)

※掲載の航空写真は、2020年8月に撮影したものに一部CG加工を施しており、実際とは異なります。また現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではありません。

JR「大塚」駅(徒歩4分/約260m)

Otsuka×Ikebukuro

「大塚」×「池袋」、
さらに魅力が進化する2つのエリアを楽しむ。

駅前を中心に、より魅力的で新たな賑わいの拠点として進化する大塚エリア。
あらゆるベクトルに、時代をリードするプロジェクトが進行する池袋エリア。
「ルフォン ザ・タワー大塚」は、これからますます魅力が高まる、2つのエリアがライフステージです。

東京大塚のれん街

東京大塚のれん街(徒歩7分/約510m)

懐かしくて新しい、のれん街で、はしご酒。

「東京大塚のれん街」は、古民家を再生して生まれた“古きを知り、新しきを尋ねる”呑み屋街。海鮮から焼肉、串焼き、餃子などバラエティ豊かな11のお店を、気取らず、飾らず、小粋に楽しめます。

営業時間 14:00~23:30 ※各店舗による
星野リゾート OMO5東京大塚内「OMOカフェ」

星野リゾート OMO5東京大塚内「OMOカフェ」(徒歩6分/約440m)

朝から夜まで利用できる新感覚のカフェ。

「星野リゾート OMO5東京大塚」内にあるカフェエリア「OMOカフェ」は、朝食をはじめ、ランチやカフェタイム、バータイムと、シーンを問わずにカジュアルに使えるオールデイカフェです。

営業時間 朝ごはんタイム/07:00~10:30
カフェタイム/10:30~14:00
バータイム/14:00~24:00(ラストオーダー23:00)
定休日 無し
※現在、OMOカフェの朝食営業を一時休止
大塚

さまざまなプロジェクトにより、
進化する街「大塚」。

駅前開発プロジェクトによる駅直結の複合駅ビル「JR大塚南口ビル」や駅前広場「トランパル大塚」の誕生に続き、駅北口の再整備事業「大塚駅北口駅前空間基本計画」も始動。また、「星野リゾートOMO5東京大塚」による【泊まる場】や「東京大塚のれん街」による【集う場】をはじめ、人が集まる様々な場を生み出す「ba PROJECT(“ba”(場)-being & association(場のつながり)をコンセプトとする。)」が進行するなど、山手線沿線に新たな賑わいをもたらす街として進化を続けています。

JR「大塚」駅(徒歩4分/約260m)

大塚駅北口整備完成後イメージパース

池袋

「Hareza池袋」をはじめ、
多彩な分野で街づくりが進む「池袋」。

最先端のファッションやビジネスからアート、カルチャーなど、さまざまな分野で進化を続ける池袋。2020年7月にオープンした「Hareza池袋」は、ミュージカルや大型商業演劇、伝統芸能が公演できるホールに加え、未来型ライブが楽しめる空間など、個性の異なる8つの劇場と公園が一体となった複合施設。まち全体がひとつの劇場となりアートとカルチャーが融合することで、新たな魅力を創出しています。さらに、東京国際大学の新キャンパス(造幣局跡地)や豊島区立トキワ荘マンガミュージアムをはじめ、これからも注目のプロジェクトが控えています。

Hareza池袋(徒歩14分/約1,100m)

2年連続待機児童「0」を実現。
子育て支援が充実した豊島区。

豊島区は、平成29年度、30年度に2年連続で待機児童ゼロを達成した、待機児童対策に力を入れて取り組む区。妊娠中のサポートから、子育てママの支援や学童クラブを総合的に展開する事業、中高生を対象にした児童厚生施設など、幅広く独自の子育て支援をおこなっている、子育て家族に頼もしい区です。

豊島区の子育て支援事業

  • こども医療費助成

  • ゆりかご・としま事業

  • 子育て応援ふくろう

  • としまいっしょに子育て

    (育児支援ヘルパー事業)

  • ウェルカム赤ちゃん!

    (子ども家庭支援センター)

  • 居宅訪問型保育事業

    (待機児童対策)

  • ママ’ズ・カフェ

  • 子育てサロン

    (区民広場)

出典:豊島区HP

Image Photo

JR「大塚」駅(徒歩4分/約260m)

History

時代と人々を魅了し続ける、
賑わいの拠点。

大塚は、1903年(明治36年)山手線の前身となる豊島線の開通、王子電気軌道(現在の都電荒川線)の開通などにより発展。
東急百貨店の前身である「白木屋百貨店」などが集まる商業地として賑わいを見せていた繁華街でした。
その歴史は現在でも受け継がれ、老舗やミシュランに選ばれた名店、歴史を重ねた寺社仏閣や新たなトレンドの発信など、
多様な楽しみに出会える山手線の拠点として、ここにしかない輝きを放っています。

アトレヴィ大塚(徒歩4分/約250m)

サンモール大塚商店街(徒歩3分/約210m)

JR「大塚」駅周辺(徒歩6分/約420m)

呑喰提灯横丁(徒歩7分/約510m)

現地周辺の街並(徒歩2分/約160m)

Quiet

穏やかな時を湛えた、
四季を愉しむ豊かな都心。

「ルフォン ザ・タワー大塚」に暮らす魅力。それは、山手線の利便や進化を続ける街の賑わいだけではありません。
JR「大塚」駅から歩いて4分の地に広がっているのは、利便に富んだ駅前エリアとは思えない、穏やかな暮らしの風景。
都心の躍動と未来を愉しみ、四季に潤う静穏に安らぐ。洗練された豊かな都心の真価がここにあります。

現地周辺の街並(徒歩2分/約100m)

現地周辺の街並(徒歩2分/約150m)

現地周辺の街並(徒歩1分/約80m)

大塚台公園(徒歩1分/約20m)

イメージマップ

また、現地と「大塚台公園」が面する道路は、東西約600mにわたって続く桜並木に繋がり、
ソメイヨシノ発祥の地・豊島区内でも有数の美しい桜の風景も日常に。
現地周辺には、眼前の「大塚台公園」をはじめ、「大塚公園」や「南大塚公園」など、
大小さまざまな公園や緑景が点在しており、いつでも気軽に愉しむことができます。

※掲載のイメージマップは立地状況を説明するための概念図であり、建物位置・距離・縮尺等は実際とは異なります。

※大塚駅北口駅前整備「駅前広場整備工事」2021年3月完成予定、「周辺道路整備工事」完成時期未定。出典:豊島区ホームページ
※掲載の大塚駅北口整備完成後イメージパースは、「周辺道路整備工事」も含まれています。画像提供:豊島区
※掲載の写真は2020年8月・9月に撮影したものです。